top of page

はい、「当たるも八卦当たらぬも八卦」言う人は〇〇です。

ひろゆきの煽り文句みたいな

タイトルにしてみました。

まぁ、どう思われようが

構わないのですが

占いの効用ですよね。

極論を言うと


【占いは当たらなくても良い】


んです。

ただ


【それなりの手順を踏むと

精度がメッチャ上がる】


んでそこですよ。

これね、


【占いが当たると欲が出る】


んです。

欲が出ると人間は失敗しますから。


【欲が出なくなるまで占う】


のが正しい関わり方なんでしょう。

なので軽々しく

今回のブログのタイトルの

言葉を使ってはいけません。

〇〇の中に

馬鹿という単語が入るか

賢人なのかは

あなた次第ですし

そんなのは伝わって

しまうものです。

ソニックさんも精進しないと

いけません。


【占いを馬鹿にする人は

占いにバカにされます。】


それがどれほど面倒なことかは

普通は理解できないことです。

ブログタイトルの言葉の真意は

馬鹿にする意味ではありません。


【八卦で波を読んで波に乗る】


という事だけです。

だから


【賢かったら八卦が当たっても外れても

八卦の結果に基づいて波に乗れる】


んです。

学ぶやつは失敗からも学びます。

でも基本は成功に進む努力をしています。

まさに占いに向き合う姿じゃないですか。

占いって良いですね。






349 views0 comments

Recent Posts

See All

Comments


bottom of page