占星術はゲートの場所確認

占星術は終わった出来事に関しては


{正解を検証するので正解と読める}


というだけで

未来予測については


{どうかな?}


としか言えない。

と言うのが


{にわか占星術勉強中のソニックさんの

今の所の結論}


何故かは簡単。


{占星術はゲートが何時現れるのか分かる}


それはそれは素晴らしいのだが


{ゲートは何個もあるし

プレイヤーがそのゲートを

使うかは分からない}


のが問題。

なので


{正解はそこにある、が読めるか?}


ってお話になる。

インド占星術のKNラオさんが言う


{占星術師は結果と

向き合わなければいけない。

そして完全に未来が読めるのは導師。}


と、ここに落ち着くのでしょう。

しかし終わっていることは読めるので


{出生図は激しく有効}


でしょう。

しかし用意されたゲートは


・前世の関係で開けるタイミングがある

・プレイヤーがそのゲートを使わない

・善行の影響で開く開かないがある


というところで不確定要素がいっぱい。

なので正直ソニックさんとしては


{朴占の方が当たるし早い}


とは思うのですが


{ゲートが何時現れるか知れるのはデカい}


ですね。

というか

トランジットとかプログレスとか

ハーフサムとか


{全部ネットで無料で未来の起こるポイント分かる}


じゃん。

と。

便利な時代だね。

下の画像の結果はソニックさんじゃないよ。

10歳で官能的な状態になってもねぇ。

でもそういう門を開いてしまう人もいるんだろねぇ。






閲覧数:210回0件のコメント

最新記事

すべて表示

前世