惑星アスペクトカード

さて、奥義の書の発送も終わったので

惑星カードを作っているわけだが

6方向なので中々の謎カードになっている。

角度は


0度、60度、90度、72度、150度、180度


で占星術を少しでもかじっていれば

何でそれを選ぶ?というところだろう。

これこそが卜占と命占との

決定的なアプローチの違いなのかもしれない。

いや、占いを続けていると


{知りたいのはズレ}


なのかもしれない。

最初は惑星は150度の代わりに120度で

占っていたんだけど


{どう占っても120度意味で統合性がない}


んですよ。

常にソニックさんが言っているように


{人間がカードを作るが

出来上がったカードは

自ら語り始める}


わけです。

これからプレス用の試作品とか

出来上がるでしょうが

市販迄は時間かけようと思います。

カードの意味に耳を傾けなければ

いけません。





閲覧数:637回2件のコメント

最新記事

すべて表示

前世