持ってる占星術の本で

一番面白かったのは

悔しいけれど


{鏡リュウジの占星術の教科書Ⅲ}


ですね、今の所。

というか

説明が上手いんですよ。

ただ説明するだけじゃなく


「正直に言うと僕はこの答えには

あまり賛成しません。」p54


とか


{えっ?それ言っちゃう?}


みたいな


{無駄な表現が読書を引き込んでいく}


わけです。

学術書でなくエンターテインメントを

選んでいるわけです。


{占星術の教科書/鏡リュウジ}

ではなく

{鏡リュウジの占星術の教科書}

なんです。


{細木数子と同列のタレント本}


なんだけど


{教科書}


ではあるんです。

このバランス感覚はモテますわ。

おかげ様でトランジットとプログレスと

ソーラーアークは理解出来ました。

鏡リュウジ先生、本当にありがとうございました。

で、ハーフサムとサビアンは

まだ理解出来ていません。


{Ⅳとか出してくれ、頼むぜリュウジっ!}


って感じです。





閲覧数:324回0件のコメント

最新記事

すべて表示

前世