中村和尚

この本を何年も前から欲しくて

5年前は古本で3500円が相場

だったんだけど

今回は8000円で購入。

いや、もう物が無いだろう、

今後は。

で、初版だった。


さて、読み終わった感想だが

{8000円の価値は余裕であった}

というところだろう。

密教で大阿闍梨様という

「お前は漫画の孔雀王かいっ!」

とツッコミを入れたくなる肩書の

中村和尚だが

1975年にミグ25がソ連から

北海道の自衛隊基地に亡命する

引き寄せをしたのが

この中村和尚なのである。

何のことだか意味がわからない方も

いると思うがネット検索してくれ。

で、この本はそのことには

残念ながら触れていなかったが

もう一つの逸話の念写について

「X線の透視だってあるんだから

念写も認めるべき」

とか普通に発言してます。

いや、和尚はNASAが月の裏側の

写真を発表する前に雑誌社の

取材で

「月の裏側を念写出来ますか?」

言われて

{余裕で念写して数年後の

NASAの画像と完全一致}

というレベルの御方なのである。

で、まぁ、全体を通して

この本が言いたいのは


{人間は仏なんだから

人間性全て捨てたら

仏が入ってくるから

そのまま仏として生きろ}


と。

あー、素晴らしい本でしたわ。


閲覧数:907回1件のコメント

最新記事

すべて表示

前世